笠間のいな吉~茨城県笠間市ご当地グルメ 笠間いなり寿司推進キャラクター~

inakiti.exblog.jp
ブログトップ

かさま観光大使の笠間がスキ!~第31回~

毎週水曜恒例「かさま観光大使の笠間がスキ!」
今回は斉藤弘実さんです!

c0229591_14485773.jpg

こんにちは!今週のブログ担当、斉藤弘実です。

今日は、以前お話させて頂きました、私も含め全国83名で活動中の笠間発祥「陶芸女子」のお話をさせてください(^-^)/

皆さま、陶芸家 板谷波山というお方をご存知でしょうか?
「陶聖」と呼ばれ、20世紀を代表する陶芸家として知られています。
今年は没後50周年にあたり、一生涯かけて制作した作品とともに、人間としての波山に焦点を当てた映画「波山をたどる旅」が完成し、先日茨城県近代美術館をかわきりに県内で上映されました。
c0229591_14511376.jpg


そして私達陶芸女子も、今回パンフレット作成として作品に関わらせて頂きました!
c0229591_14523679.jpg

映画の内容を少しお話させて頂きますと、

創作に悩む美大生のカナは、ふとした事がきっかけで祖母の形見の帯を手にし、祖母からは若い頃、有名な陶芸家からもらったものだと聞かされます。
帯に施された絵と、波山の名を手がかりに、カナは波山の足跡を訪ねはじめます。

そこでまず足を運んだ場所が、笠間芸術の森公園。
公園内にある茨城県陶芸美術館で、カナは初めて波山の作品と出合います。
気高く、凛とした作品に圧倒され、板谷波山の芸術家としての強い信念に影響を受け、カナは再び創作への意欲を取り戻す・・・

というストーリーで、私自身もカナの思いに重ねて色々と考えたり、同感だと感じる場面がありました。
とても素敵な映画です。

そして何より茨城県陶芸美術館をはじめ、笠間は芸術に触れ、創作する楽しさを味わえる街だと、映画を観て再認識しました☆

映画「波山をたどる旅」のカナが、「心が動く」のを実感した、板谷波山の作品を私も改めて観たいと思いました。
c0229591_14525137.jpg

皆さまもぜひ、陶芸美術館へ足をお運び頂き、じっくり鑑賞しながら思いを巡らせてはいかがでしょうか?



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次回は横山加奈美さんが登場します!
お楽しみに~003.gif
[PR]
by kasamanoinakiti | 2013-01-30 14:57 | かさま観光大使 | Comments(0)