笠間のいな吉~茨城県笠間市ご当地グルメ 笠間いなり寿司推進キャラクター~

inakiti.exblog.jp
ブログトップ

かさま観光大使の笠間がスキ!~第9回~

水曜恒例☆かさま観光大使による連載企画!
本日は清水まみ奈さんです^^

c0229591_13365772.jpg

目指せ!!グローバルな笠間


皆様、こんにちは!かさま観光大使の清水まみ奈です☆☆
今回は、先日開催された『英語であそぼう!!』という事業についてお伝えします。


私がかさま観光大使に応募した理由の一つに、イギリスなどへの留学経験をふまえて、
「様々な国の人に笠間を訪れてもらい、この街の魅力をお伝えしたい!」というものがありました。
その流れで、市が行う国際交流事業や、英語教育にも関心があり今回のイベントにおじゃましました♪

こちらは、市内の児童を対象に、異文化や外国語への興味を深めてもらおうと、市民活動課が主催したものです。

笠間市内の小中学校で活躍する三人のALT(外国語指導助手)の先生が、子ども達に”楽しく英語に触れてもらおう”と、様々なゲームを進めていきました。


c0229591_13305818.jpg

Head(頭), Shoulders(肩), knees(ひざ)。。♪ と歌に合わせ、自分の体にタッチするゲーム。

c0229591_1331201.jpg


動物の名前当てゲームでは、子ども達も積極的に手をあげて答えてました!

c0229591_13314546.jpg


絵本の読み聞かせ。子ども達はじっと聞き入っていました。

最後にはお絵かきタイムもあり、あっという間の約一時間。子ども達もとても楽しんでる様子でした。

そして、私はかねてから、

「外国人のみなさんは、笠間にどんな印象をもつのだろうか?」ということに興味があったので、先生方に色々質問してみました♪

c0229591_1332042.jpg


左からローナ先生(フィリピン出身)、スーザン先生(台湾出身)、フレッド先生(アメリカ出身)


Q1: 笠間にどんな印象をお持ちですか?

A1: 快適な街!景色も、四季折々のお花もきれいですね。


Q2: 笠間でお気に入りの場所・過ごし方は?

A2: 笠間芸術の森公園や、北山公園をお散歩(スーザン先生)。愛宕山・男体山をハイキング!(フレッド先生)また、点在する古い造り酒屋も好きです。

Q3: いな吉ブログである以上、ハズせない質問(笑)、いなり寿司は好きですか?

A3: (三人とも口をそろえて)好きです!自分でも作ることができます(ローナ先生)


Q4: 外国人観光客のみなさんは笠間にどんなことを期待すると思いますか??

A4: 笠間焼をはじめ、笠間独特のものや、日本の伝統に触れたいんじゃないかな?
   11月の流鏑馬(やぶさめ)は、Cool だね!


Q5: ALTとしての目標は何ですか?

A5: 子ども達に英語に興味を持って欲しい!失敗を恐れず、英語へのコンプレックスをなくしてほしいです。


先生方はどんな質問にも丁寧にお答え下さりました。ありがとうございました!
外国人のみなさんの目に、笠間はどう映るのか、興味深いお話でした。また、それぞれの先生から、英語教育への情熱を感じました。。

さらに、この日は嬉しい出会いがありました(^^)

c0229591_13321111.jpg


お手伝いのためいらしていた、笠間市青年海外派遣団員の皆さんです!

昨年、四泊五日で中国の上海と蘇州にて工場見学や、現地の学生との文化交流をされました。

現在、第一期生から三期生までおり、各自でボランティア活動に励んでいるそうです。

会長の青木さんや、三期生の団長の西川さんに今後の抱負をお聞きすると、

「海外研修の体験も活かし、笠間の街全体で外国人観光客をおもてなしできるようにしたい。そのための人材を育てたい!」

と熱く語るお二人。「子ども達には語学を学ぶだけでなく、人間として積極的になってほしい。」と口をそろえていました。

。。。立派です!!共感を覚えました。


笠間市には現在、10人のALTが21の小中学校で英語教育にあたっています。

夏休み期間中は、「イングリッシュ・サマー・スクール」も開かれるなど、英語教育や異文化交流にとても力を入れていると実感しました。

青木さん達がおっしゃっていたような 、
「市民みんなが国を問わず観光客をおもてなしできる街」
を目指し、私も微力ながらがんばります!

今回お世話になった、ALTの先生方、笠間市青年海外派遣団員の皆さま、そして職員の方々、ありがとうございました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次回は横山紗織さんです♪
お楽しみに~(^o^)ノ
[PR]
by kasamanoinakiti | 2012-08-29 13:39 | かさま観光大使 | Comments(0)